キャッシング アイフル 体験談

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

アイフルの他も体験してみて、おススメなのはこちら
モビット

 

フリーターのぼくがキャッシングで借りることになった理由

 

キャッシングはいくつもあるけど、アイフルを選んだ体験談をお話します。
参考になればと思っています。

 

僕は今年24歳になったばかりの男性フリーターで、現在はパチスロ店のホールスタッフをしています。
 都内の某3流大学を浪人、留年せず卒業したまでは良かったんですが、やはり最近の就職事情は厳しく、一昨年就職浪人となってしまいました。
元々、家族との仲も良くなかったのですが、大学卒業後は親からの仕送りも停められることもあり、家賃など結構な金額が必要だったので、収入の良いアルバイトをしながら就職先を探すことになりました。

 

僕自身も含め、職場の9割の人はパチンコやパチスロ、競馬などのギャンブルをします。そこのお店で働くまでは、週1くらいのペースでパチスロを打っていたのですが、そこで働き始めると、同僚や先輩と良く打ちにいくようになり、大体週2〜3日と休み以外にも、出勤する日も仕事仲間と打ちに行っている状態でした。

 

とは言っても、正直、そんなにお金に余裕があるわけでは無いです。
本来は毎月、遊ぶお金もあまりないのですが、マルイのカードを学生の時につくっていたので、キャッシングで凌いでいるのです。
と言っても既に限度額の10万円までは借りている状態で、給料日がきたら返して、調子よく勝っている月は多めに返し、また借りるといったことを繰り返しています。

ギャンブル好きがアダとなった

そして打ちに行くときは、大体はバイトが遅番の日の勤務終わりから、職場の皆でご飯やカラオケに行っているときに、誰からともなく「並んじゃう?」という話になり、その場のノリで行くかどうか決まり、朝から並び始めるといったパターンが多いです。
普通に勝てるときは5万程度ですが、大勝ちするときは15万くらいになるので、バイトに行く前にその月のバイト代が手に入り、ついつい夢を見て行ってしまいます。
その日もそういう流れで勝負しに行くところでしたが、正直乗り気はしませんでした。
何故かというと、前月からしばらく負け続けていてキャッシングの残高も無い状態だったので、意を決して新たにカードを作ろうと、セゾンカードへ必要な書類を集めて、申し込みを行っていました。しかし、残念ながら審査に落ちていました。
ですので、軍資金も少ない状態で勝てる気がしなかったのです。

 

しかし、最初はレギュラー(小当たり)の繰り返しで軍資金が底をつきかけてしまい、予想通りの展開だったのですが、追加で回していけば、大きく勝てる設定だということを確信できたので、一緒に行った先輩に1万円でも借りようとしたのですが、先輩の懐も僕と似たような状況でしたので無理でした。
なんなら、僕が辞めた台をハイエナ(前の人が調子の良い台を途中で辞めた後を狙う事)する気でいたと思います。

アイフルに決めたのはなんとなく

ですので、本当にダメ元で近くの消費者金融に行くことにしました。
一般のカード会社より消費者金融の方が審査が甘いと先輩から聞いたことがあったからです。まず休憩(そこの店は60分は離籍OKという店でした)で席を確保して、その後も念のため残りの数千円で先輩に代打ちを頼んでおき急いで店を出ました。
店を選ぶ余裕が無いのと、無人の自動契約機よりも担当者を前にした方が早そうなので、パチンコ屋からも駅からも近いアイフルにしました。
そこは雑居ビルで、同じような金融会社のアコム、プロミスが別の階にあるところです。エレベーターを待つ間、何故だか少し怖い感じがしましたが、お店に入ると明るく清潔感があり、良い香りもして少し安心しました。
何より、女性の受付の方が明るい声で感じよくあいさつしてくれましたので、かなり緊張が解けたと思います。

審査前に借りる理由は考えておくべき!

 実際、急いで来たとはいえ、大体頭の中で受け応えのシミュレーションをしていました。ただ実際は、担当者と直接話すとおどおどしてしまい、「えーっと、初めてなんですが、、、とたどたどしくなってしまいました。それでも担当の方は丁寧に「では、お話を伺います」と言っていただき、コーヒーもだしていただきました。
 流石に、パチンコでお金が必要なのでとは言えず、またダメ元ではあるものの時間も無いので、最初に断られそうな事はこちらから言いました。
 まず、現在自分はアルバイトで働いていること、そしてカードでキャッシングをしていること。(限度額はいっぱいいっぱいとは言えませんでした。)
また、時間がないのは「実はこの後、海外旅行に行く打ち合わせで友人と会うんです。」と申し訳ないのですが、とってつけたような嘘を言ってしまいましたが、
担当の方は「では、旅行に行くのにまとまった資金が必要なんですね。」「実際の融資に関しては、それだけで貸せない状況とは言えませんのでまずは、お調べしますね。勿論、ご要望に沿えるか現段階ではわかりかねますので〜〜」と言っていただき、まずは良かったのかなと思いながら、世間話を交え、用紙への必要事項の記入をしました。
 その間に必要な書類を求められ、セゾンカードを作ろうとした際、大体は既に用意していたのが役に立ちました。それらを渡し、しばらく待つことに。

アイフルの審査結果は20分くらいでした!

 流石に大分落ち着いてきたのですが、ふとカウンター奥の空間に眼をやると、コピー機を前にスーツ姿の男性と先ほどの女性とのやり取りをしている様子や、電話をかけている様子を見ると、時間とともに段々「大丈夫かな?」と不安が増してきました。
 更に、さっき用紙の他社借入額の欄に実際より少ない金額書いたの大丈夫かな、など色々なことを考えるようになり、かなりドキドキしていたと思います。
多分時間にすると20分くらい待っていたと思います。
 それから担当の方から、審査は通りましたと言われた時は、自分でどんな顔をしていたかわからないくらい、ほっとしたような、うれしかったような気持でした。

アイフルの融資限度額は20万円でした!

最後に融資限度額(20万円でした)や契約書やカードについて説明と書類をわたされました。直ぐに5万円借り入れ、急いでパチンコ店に戻りました。

 

 そして席に座っていた先輩に礼を言って缶コーヒーを渡すと、僕の顔を見て、大体察したのか「マジで借りてきたのかよ〜、ギャンブラーだなぁ」と茶化されながらも、予想通り、僕の打っていた台は大爆発。」先輩は負け越したみたいで先に帰りましたが、
その日は仕事が休みだったので夕方まで打ちトータル18万円の勝ちで、まずは、アコムのATMを使って5万を返済(入金)しました。

 

 正直、セゾンカードで審査に落ちたのでダメだと思ったのですが、今回アイフルで借りられて本当に良かったです。消費者金融というとイメージは悪いですが、僕にとっては、本当にありがたい存在です。

このエントリーをはてなブックマークに追加