モビット 初めて 体験談

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

モビットの初体験談!ここにして良かったとつくづく思う理由

モビットに決めた理由はズバリ!

三井住友銀行グループのモビットは手続きが楽!
即日融資が可能だった!
来店しなくてもいい!PCで審査申込みができる!

モビット

モビットを利用するに至った経緯

私は来年で40歳になる都内在住のアラフォーの独身男性です。

 

仕事は大手企業の管理職をしています。ですから収入もそこそこあり、恥ずかしながら未だに結婚もしていないので、ある程度自由に使えるお金があります。

 

そのせいか、デジタル家電やスマートホンなど新製品が発売されると、すぐに買ってしまったり、趣味もスキューバダイビングやスキースノーボードなどお金のかかるものが多いのですが、お酒は付き合い程度しか飲まないですし、ギャンブルはやらないので、今までお金に困った経験はあまりありません。

 

そんな私が何の間違いか消費者金融から借金をすることになりました。

 

原因は「FX」です。きっかけは仲の良い同僚からFXの話を聞き、試しに数十万程度を元手に始めたところ、ビギナーズラックで1日(というか30分)で150万になりました。これがきっかけで、FXにハマってしまい1回の注文額もかなり増えてきて、気が付けば預金口座の金額のほとんどFXの証拠金となっておりました。
そんな中、意図せぬ大きなマイナスになり、中々損切りできずロスカットを防ぐために

 

その結果、その日の夕方までに50万程度のお金がいることになりました。

モビットに審査申込みの流れ

融資先は三井住友銀行グループのモビットにすることに決めました。

 

その日は平日で勿論仕事もありましたが、正直、時間が無かったので、来週訪問予定の営業先への訪問を繰り上げ、営業の為外出するとということで一旦会社を出でました。

 

会社のPCから申し込みなどをしようと考えたのですが、急な仕事の依頼や周囲の目が気になり、逆に時間がかかると思ったため、融資に必要になりそうな身分証等の書類だけスキャンしてUSBメモリーのデータに入れ会社をでました。

 

それから外出先のWiFiスポットのあるカフェからノートPCで手続きを行いました。やはりフリーのWiFiスポットは通信速度が遅くイライラしながら、必要事項を入力したりメールの送受信、ファイルを取り込んで個人確認などを済ませました。

 

確かに店頭に行かずにWEB上で出来るのは便利ですが、メールの送受信やファイルの取り込みなど、焦りもあったせいか操作ミスもあり時間がかかりました。

 

 

 

モビット審査の待ち時間

そして審査を待つことに。

 

会社を出る前に免許証や給与明細などいろいろと書類をスキャンしてきて正解でした。

 

最後までネットで完結できると考えていましたが、処理の中で1回モビットから確認の連絡が携帯へ入り少し驚きましたが、女性の声で非常に丁寧でした。コチラの状況(電話ができる状況か)を確認していただけ丁寧な対応でした。

 

実際は2,3の質問しかされずに再び待つことに。
正直、審査自体にはなんの不安もなかったのですが、時間だけが気になりました。

 

待つこと10分程度(予想より早かったです。)
最後にメールでの案内と再度確認電話があり無事、私の口座に100万円振り込まれたことネットバンキングで確認しました。

 

この時はネットバンクと連携していてるモビットで良かったと思いました。
いちいち現金を手にしなくても良かったので、そのまま証券口座に入金しました。

 

結果無事ロスカットが防げました。
勿論、これですべてが終わったわけでは無く、FXの含み損と合わせて大きい借金ができてしまったのです。
ただ、この瞬間はホッとしていました。しかし、本当に困ったのはこの後です・・・

モビットの在籍確認が会社に!

それから、営業先へ向かい会社へ戻りましたが、

 

「お前が出てるとき、個人名で連絡があったぞ」と上司から伝言を受けました。

 

その瞬間モビットの在籍確認だと思いました。すっかり審査に在籍確認があるという事を忘れていました。よりによって上司が電話に出てたなんて。。。最悪な瞬間でした。

 

正直、会社に個人名でかかってくるのは大抵は信販会社だということは、ある程度の社員は知っているので、適当な嘘をついてもわかってしまいます。

 

その場は、心当たりはなく、何かの営業の類だろうと返答しましたが、その上司には後から「実は先日、ダイビング機材のセールが終わるので、ローンを組んだんです。」と伝えました。

 

正直、私は消費者金融の手続きや審査よりもこの在籍確認が一番緊張しました。

 

もし、これを読んでいる方ではじめて消費者金融や信販会社を利用しようと考えている方がいたら、勤め先などの在籍確認があることをお忘れなく。

 

申し込みの手法としてはWEBでの申し込みでネットバンク直接でのやりとりで、正直便利だと思いました。

 

モビット

このエントリーをはてなブックマークに追加