MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

ブライダルローンの申し込みを考えている方に知っておいてほしい審査の難しさをお伝えします。結婚式は一生に一回のことだからお金の問題で妥協したくないですよね。すぐに返せる目処があるなら他のローンの方がおすすめだったりします。その辺りも解説していきますね。

 

目次
1. ブライダルローンの審査は通るのか
2. ブライダルローンの審査の厳しさ
3. 銀行のカードローンなら有利に借りることができます

1. ブライダルローンの審査は通るのか

一般的にショッピングローンの類は、信販会社が店舗とタイアップしているローンですから審査は甘めです。審査を厳しくしてしまうと店舗側は、販売ができないので困るのです。ブライダルローンの多くは結婚式場とタイアップしているため、同様に通りやすいと思われがちです。
しかし、残念ながら簡単には通りません。結婚式の費用は大体100万円単位です。そのためブライダルローンの融資額はかなり高額になり、契約者の年収がそれなりにあって、信用がないと結婚式の費用を賄うだけの融資限度額が出せないのです。

2. ブライダルローンの審査の厳しさ

自動車を買う際にディーラーでローンを組むと、案外スムーズに審査が通ります。なぜなら自動車という担保があるため、信販会社は安心して貸付ができるためです。しかし、ブライダルローンでは担保を取ることができません。無担保ローンですから、融資をする信販会社もかなり気を使って審査をします。ブライダルローンの審査は、年収からその人の生活状況を推測して、返済可能額を算定します。その返済可能額から逆算して融資可能額を計算しています。
また、信販会社は貸金業法という法律に縛られており、年収の3分の1以上の貸付ができません。100万円のブライダルローンを申し込むためには300万円の年収が必要です。結婚式を申し込む人の多くは若い人で年収も高くはありません。もし、あなたが年収に自身がないのなら、ブライダルローンを借りることは困難でしょう。

3. 銀行のカードローンなら有利に借りることができます

一昔前までは、銀行がカードローンの営業をすることは少なかったのですが、最近は本家である消費者金融顔負けの積極的な営業をしています。また、銀行は信販会社や消費者金融と違い、貸金業法の融資制限を受けることはありません。また、一般的に銀行のカードローンは信販会社や消費者金融より低金利で融資をしています。カードローンの利率は、融資限度額と反比例します。貸金業法に縛られないので、当然融資限度額は多くできますし、同時に利率は下がります。
また、もしブライダルローンの審査が通ったとしても、契約の前に銀行のカードローンの仮審査をしてもらい、利率を調べてみましょう。不特定多数の利用者に対して同一金利を適用することが多いブライダルローンに比べ、銀行のカードローンのほうがほぼ間違いなく金利は低いはずです。

 

まとめ

ブライダルローンは、その必要とされる融資額が多額になるので、審査が通りにくいです。また、審査が通ったとしても銀行のカードローンの方が融資限度額は大きくて有利な融資が可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加