MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

夫の給料が下がってしまうと生活費を満足にもらえません。しかし、家計の支払は容赦なく押し寄せます。どうしても不足する月はカードローンでしのぎます。しかし夫の名前でカードローンを申込むわけにもいかず、私名義でカードローンの申込をしました。

給料が下がったのに・・・浪費する夫

夫の会社の業績が悪化しているようで、給料が減額になったようです。振り込まれる給与の金額が減っているため、家計のやりくりも一苦労です。生活費を満足にもらえないにもかかわらず、楽天家の夫はゴルフも飲み会も減らそうとせずに私とケンカになります。しかし、夫も苦労しているのであまりうるさいことは言えないのです。ママ友が夫のお小遣いを削ったら、夫が勝手にカードローンを作り返済に苦労したという話を聞いているため、変なこともできないと不安です。
とはいえ、毎月の家計の支払は容赦なく襲ってきます。住宅ローンだって返済しないと家から追い出されるのです。毎月工夫をしていますが、限界があります。

主婦でもカードローンができた

※主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

 

そんな私がある日ネットを検索していたところ、主婦でもカードローンができるという記事を見つけました。これにはびっくりです。しかも審査が厳しいと言われている銀行です。その銀行はちょうど夫の給与振込銀行なので、半信半疑で出かけてみました。
入り口にいた銀行の人に聞いてみたところ、審査の結果オッケーならできますよと言われましたが、カードローンは無人受付機でやっているからとATMコーナーに案内されました。そこにある無人受付コーナーで1時間弱担当の方と話をして、審査をしてもらった結果、本当にカードローンができました。返済口座は自分名義の通帳があったので、それを使うことにしました。
しかし収入がないのにどうしてだろうと思ったのですが、どうも夫の収入をあてにしているようです。こんなことなら夫の名義でカードローンを作らせて私が管理すればよかったかなとも思いました。

とりあえずピンチの月はカードローン

とはいえ、カードローンの金利は高いです。できるだけ使いたくないのですが、給料日前にピンチになったらカードローンから1万円単位でこまめにキャッシングしています。次の給料日に借りた金額を全額返済しています。いつまでこのようなことが続けられるかと不安ですが、とりあえずピンチの月は使うしかありません。
夫には申し訳ないのですが、ゴルフや飲み会を減らしてもらうしかないのでしようか。

まとめ

生活費を満足にもらえないとカードローンに頼るしかありませんが、最近は主婦でもカードローンの契約ができます。限度額は少ないですが、ピンチの月はキャッシングに頼るしかありません。ちなみにわたしが使っているのはプロミス。使い方も簡単だし、知名度あるし、ネットならレディース専用の申込みがあるので安心です。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加