MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

妊娠や出産は、とてもおめでたいことですが、突然やってきたりもします。赤ちゃんは待ってくれません。仕事をしている女性は、妊娠すると仕事を辞めたり、休んだりする必要もあるかもしれませんよね。もちろん産休中もお給料は支給されますが、全額は支給されません。出産費用として準備していなければ、お金が足りなくなってしまいます。そんなとき、どうすればよいのでしょうか。

 

目次
1.出産にかかる費用
2.出産育児一時金
3.カードローンで借りると金利も安い

出産にかかる費用

 妊娠から出産まではどのくらいお金がかかるのでしょう。一般的に、出産にかかる費用は50万円から75万円だと言われていますが、出産自体にかかる金額のほかに、出産前検診や、産後のマタニティ用品の購入など、赤ちゃんにかかわることで、さまざまな費用がかかります。その具体的な内訳として、妊婦健診5万〜10万円、出産準備用品5万〜10万円、出産費用30万〜60万円、マタニティ用品5万〜10万円、赤ちゃん用品20万〜30万円といった具合で、ざっと100万円くらいと見ておいた方が安心です。また、妊婦さんのうち、4人に一人は、帝王切開など、予定外のことで手術料が予想以上に高くかかるというデータもあります。

 

出産育児一時金

 出産した時に受け取れる「出産育児一時金」という国の制度があります。その支給額は子ども一人につき42万円です。現在は、医療機関に直接支払われますので、病院で手続きができます。一時金で不足する分は退院時に差額を支払う必要があります。
 出産費用をクレジットカードのリボ払いで対応してくれる病院もありますが、リボ払いだと金利が高くつきます。そんなとき低金利借り入れでき、即日融資も可能なカードローンのキャッシングサービスは便利です。

出産費用はカードローンで借りる

 出産費用がない!と言う時にはカードローンが便利です。クレジットカードのリボ払いやキャッシングよりも金利が安く、即日融資が可能なところもあります。申し込みから振り込みまでネットでできるカードローン会社なら来店する必要もありません。また、プロミスなど一部のカードローン会社では、一定期間無利息のカードローンサービス(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)を行っていますので、利用する価値があります。

まとめ

いかがでしたか。意外と費用がかかるのが妊娠、出産です。日頃から準備しておくのはもちろんですが、他の事情でお金が必要になったり、帝王切開などで予測していたより多くのお金がかかることもあります。特にシングルマザーの女性だと、出産前後は収入が減ってしまいます。でも、そんな時にカードローンという手段があれば、お金のストレスなしで出産できますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加