慰謝料 払えない どうなる

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

慰謝料は必ず払わないといけない?

浮気などが原因で離婚する場合には慰謝料を請求されることがあります。しかし、支払う経済的な余裕がなく支払えない場合、支払いたくない場合や少しでも低い金額にしたい、など、請求された側が困ることもあります。この離婚の慰謝料は必ず支払わなければならないものなのでしょうか。

 

まずは慰謝料というものがどんなものであるかについて説明します。
慰謝料とは、どちらか一方の不法行為があってはじめて発生するものです。つまり、不法行為をされた側の精神的苦痛に対する損害賠償が慰謝料なのです。そして、この慰謝料は必ず発生するものではなく、請求されなければ支払わなくてもよいのです。

 

専業主婦の妻が浮気をした場合、支払い能力がないため、慰謝料を諦める夫や、お金をもらいたくない、とまったく請求しないということよくあります。

慰謝料の金額相場は?

つぎに、慰謝料の金額についてですが、100〜500万円くらいで平均は300万円あたりだといわれています。最近では第三者への慰謝料請求ともいわれる「浮気相手への損害賠償請求」を行うこともあります。

 

浮気や夫のDVが原因で婚姻関係が破綻した、といったような精神的苦痛への損害賠償として慰謝料を請求するということです。そちらは100万〜150万円程度が相場となっています。合計で400万円程度支払うこととなります。

慰謝料が払えない場合の対応

では、慰謝料を請求され、それが支払えない場合にはどうすればよいのでしょうか。先ほども述べましたが、慰謝料は請求されなければ支払う必要もないものです。また、慰謝料は夫婦間の話し合いで決めるものですから、早く解決しようとしてあせらないことです。

 

たとえば、相手側の言い値の慰謝料の額を受け入れてしまう、ということにはならないようにしてください。ほかにも、明かさなくてもよかった浮気の証拠や材料を思わず口にしてしまい、慰謝料が高額になってしまうということもあり得ます。離婚する際には誰でも混乱するものですが、あせることは禁物です。

慰謝料の減額交渉をしてみる

そして、できるのであれば減額の交渉をしてみましょう
。この場合にも、相手に余計な情報や証拠を開示しないことは有利となります。相手が証拠をつかんでいればいるほど、高額な慰謝料を請求されるからです。相手に証拠をつかませないことが重要となるのです。

 

まとめると、「証拠」が慰謝料の額を左右するといってもよいのです。浮気はもちろん駄目なことですが、不倫によって慰謝料を請求されて困っている場合には参考にされてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加