MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

近年離婚が増えています。養育費は子どもが成人するまで払い続けなければならないもので、子どもが幼い場合、離婚した後も長期にわたり経済的な負担となります。離婚後に再婚したその後も、養育費の支払いは軽減されたりしません。転職などで経済状況が変わって、生活が苦しくなることもあります。そんなときはどうすればよいのでしょうか。

 

目次
1. 養育費とは
2. 養育費減額はできる?
3. 低金利なカードローン

養育費とは

子どもがいる夫婦が離婚した場合、子どもを実際に引き取って育てている親が、もう一方の親から子どもを育てていくための費用として受け取るものが養育費です。離婚する理由にかかわらず、成人前の子どもがいて離婚する場合には、基本的には請求されます。
養育費に含まれるものは、子ども衣食住のための費用、幼稚園から大学までの学費、医療費などです。それらは養育費を支払う側の生活レベルと同等のものとして計算されます。
親の資金力や生活水準等を考慮して決められるものなので、一般的にいくらとは言えませんが、月に3万円から6万円が相場と言われています。

養育費の減額はできる?

離婚した後に転職などで経済状況が変わることもあります。その場合は、その経済状況によって養育費の減額は可能なケースもありますが、養育費を決めてそれを書面に残していた場合は、額の変更は難しくなります。

 

 養育費は払わなくても利息はかかりません。しかし、慰謝料もそうですが、裁判で決められたものですので、あまり滞納していると、財産の差し押さえなどの強制執行が、突然行われることがあります。ですから、きちんと毎月払っていくことが肝心です。

低金利なカードローン

養育費は長期にわたって支払う義務が発生することが多いです。離婚して新生活を始めようとしている人にとって、それは本当に重くのしかかる問題です。新しい奥さんを迎えたいときでも、養育費の支払いが残っていると非常に難しくなってきます。また、養育費の支払いで生活そのものを圧迫させることにもつながります。そのように、養育費で苦しんでいる人にとっては、低金利なカードローンを利用して、養育費を支払ってしまうというのも、考慮すべきかもしれません。
 カードローン会社はそれぞれ、金利の安いサービスや、無利息キャンペーンを行っていますので、検討してみてはいかがでしょうか。「今月、少し養育費に足りない!」という時にも、利用する価値はあります。

まとめ

離婚した時と同じ経済状況が、離婚後も続くとは限りません。こんな時代ですから、給料が減ることも十分に考えられます。そうなった時に、養育費の支払いは生活を苦しくします。もしあなたが今そういう状況にいるなら、気軽にカードローン会社に相談してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加